Life as Soundscape

サウンドスケープを「耳の哲学」に世界のウチとソトを思考実験するアーティスト。

Inside⇔Outside

空耳図書館のおんがくしつwithコヒロコタロウ(芝の家・音あそび実験室2019)
空耳図書館のおんがくしつwithコヒロコタロウ(芝の家・音あそび実験室2019)

芸術×学術 オルタナティブな知を探る。

芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト

2011年の東日本大震災・原発事故を機に、カナダの作曲家M.シェーファーが40年前に提唱したサウンドスケープを研究(弘前大学大学院今田匡彦研究室2011~2013)。2014年より「耳の哲学」の思考実験の拠点としてコネクトを相模原市立市民・大学交流センター内に設立。さまざまな思考実験、思考レッスンを展開しています。
主なコンテンツ
空耳図書館(絵本×サウンド・エデュケーション、哲学カフェ)
即興カフェ(即興、音×言葉)
聾CODA聴(対話の時間、境界ワークショップ)
路上観察学会分科会 (音の散歩)

現在、2010年以前に制作したCDの収益金を芸術教育デザイン室CONNECT/コネクトの活動に当てています。
2019年夏、The Orchardが米ソニーミュージック傘下となり国内でもお気軽に楽しんで頂けるようになりました。Spotiry, Amazon MP3YouTube等、アーティスト名は「YukoSasama(BEN-TEN Records)で検索してみてください!ご支援よろしくお願いいたします。



ササマユウコ│Yuko Sasama
ササマユウコ│Yuko Sasama

日々の活動あれこれ、お知らせは以下SNSで!
ササマユウコ個人FB マイルール:お友達申請は実際にお会いした方のみです。※フォローはお気軽に。@yuko.sasama.7 

芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト(代表) @coCONNECTnet

聾/聴の境界をきく@Deaf.Coda.Hearing  #聾CODA聴

即興カフェ Facebook @improcafe  #即興カフェ
空耳図書館  Instagram @soramimi_library #空耳図書館

◎ワークショップ、レクチャー、執筆のご依頼

新しい福祉のかたち・喫茶かぷかぷ祭りにて
新しい福祉のかたち・喫茶かぷかぷ祭りにて

 ササマユウコ(音楽家・芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト代表)

1964年東京生れ。4歳よりピアノ、コンクール1位を機に10歳より楽典を学ぶ。大学卒業後、日本初の専門総合職(文化・メディア)と音楽活動の両輪をスタート。2000年~2010年ひとりレーベル神楽坂BEN-TEN Recordsより東西の境界的音楽CD6作品を発表し注目される。現在もN.Yより世界各国で配信中。
2011年が大転機となり、自治体生涯学習部の市民大学企画・運営に携わると同時に、「音楽とは何か」を見つめ直すために弘前大学今田匡彦研究室。サウンドスケープを「耳の哲学」に世界のウチとソトの思考実験拠点として芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト設立(相模原市立市民・大学交流センター内)。「対話の時間」を大切にしたサウンドスケープ思考の実験、レッスンの「時間」を実践・考察している。
都立国立高校卒、上智大学文学部教育学科卒(視聴覚教育、教育哲学)

◎企画のご相談・ご依頼は
メールにてお問合せください。

2019年ササマユウコ ※プロフィール詳細はこちら→


【執筆情報建築ジャーナル』2019年6月号の散歩特集に寄稿しています。渋谷を「音の散歩(サウンド・ウォーク)」で歩き、そこから生まれた音のない音楽「渋谷の空耳」が生まれるまで。

サウンド・エデュケーションやサウンドスケープ思考の参考にも是非お読みください。

路上観察学会分科会からは鈴木健介(舞台美術家・青年団所属)も散歩の漫画を寄稿しています。他の方の散歩もとても面白いです。都市論としても。

◎大手書店、出版社サイトからもご購入頂けます。表紙:坂口恭平さん


生きることは即興である~まるでヘタクソな音楽のように

即興カフェ

 

サウンドスケープ思考の実験。音と言葉のある風景。
FBページが出来ました

http://www.facebook.com/improcafe/

(@improcafe)


ワークショップ

WORKSHOPのページを開設しました。 

サウンドスケープを「耳の哲学」に世界のウチとソトを思考実験するワークショップです「オンガクとは何か」を感じ考えるサウンド・エデュケーションの方法論を基本にしています。音楽の特別な知識や技術は必要ありません。
ウチとソトをつなぐ柔らかな世界の捉え方、非言語コミュニケーションを「耳の哲学」として体験してみませんか?音楽を含めた芸術、アクティブラーニング、福祉、医療など、さまざまな分野に対応いたします。
お気軽にお問合せください。

空耳図書館

サウンドスケープ思考のレッスン。

①おんがくしつ
絵本を図形楽譜に×サウンド・エデュケーション

②きのこの時間
美術×サウンドスケープの哲学散歩
哲学カフェ
言葉による対話の時間


境界|Deaf.Coda.Hearing

聾CODA聴②「対話の時間」

アートミーツケア学会青空委員会公募助成プロジェクト2017、2019

2019年12月27日「対話の時間」開催
@アーツ千代田3331

メンバー:雫境(聾、身体)、米内山陽子(CODA、手話)、ササマユウコ(聴、音)

https://www.facebook.com/Deaf.Coda.Hearing/



2019.3.11
ダイジェスト版ができました(無料公開)
https://drive.google.com/…/1XTbtzo7T_a890IkjEjKeIGaYH…/view…
※警告が出た場合は無視して「このまま再生」

『生きものの音』
真砂秀朗・ササマユウコ・等々力政彦 DALIA-001 
出版元:生きもの音プロジェクト
録音・編集:石橋守
ジャケット・撮影:石井寿枝

Ikimonono Oto
Hideaki Masago 
Yuko Sasama
Masahiko Todoriki

Recorded by Mamoru Ishibashi
Sound produce BEN-TEN Records(yuko sasama)
Visual photo by Hisae Ishii
Published ikimonono oto porject
©ikimononooto project 2019

【お知らせ】10周年に寄せてコメントを寄せていますのでFBをご覧ください

 BEN-TEN Records名義でのサウンドプロデュースと即興演奏を担当した『生きものの音』が発売10周年を迎えます(2018)。洋の東西、森のサウンドスケープ、その境界を記録した作品です。楽曲も試聴可能になりました。
http://www.facebook.com/Ikimonono-oto/


ブログ「音のまにまに」

 ササマユウコのブログ「音のまにまに」です。活動の報告、本の紹介などをしています。


Twitter

ササマユウコ|YukoSasama
ササマユウコ|YukoSasama

    ツイッターからも情報を発信しています。



神楽坂・BEN-TEN Records

2011年までの活動 CD紹介
2011年までの活動 CD紹介

 2000年から2011年までの活動・旧サイトです。現在も国内だけでなく、N.Y.のThe Orchard社より世界各国で聴かれています。Spotify,iTune,Amazon等、国内での配信も始まりました「YukoSasama」で検索してみてください。
ここでの収益は「芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト」の活動資金となります。 
◎作品のストリーミングはこちらから
レーベル旧サイトは下記より http://bentenrecords.jimdo.com/


2011年の東日本大震災・原発事故を機に「音楽とはなにか、何が音楽か」を考え続けています。現在は即興演奏とともに、「サウンドスケープ」を耳の哲学に世界のウチとソトを思考実験中。芸術と学術をつなぐ・ひらく・考える「芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト」の活動を展開しています。
ササマユウコ